2006年11月03日

A20実写速報2?(夜のニコタマ)

A20の画像サンプル第2弾です。
まるでセンスのカケラも感じない記録画像ですが、日曜日に二子玉川高島屋に行ったときのものです。
室内および夜の街?サンプルとしてご覧いただければです。
正直言ってみんなビミョーにテブレしてます。

1枚目:ISO64 F2.8 1/15 コントラストマイナス
2枚目:ISO200 F2.8 1/15 コントラストマイナス
3枚目:ISO64 F2.8 1/10 コントラストマイナス
4枚目:ISO100 F2.8 1/4  コントラストマイナス
IMGP0083.JPG IMGP0096.JPG IMGP0085.JPG IMGP0102.JPG


気付いた点・感想なんですが。。。(どうでもよいことばかりですが)
1.画像エンジンはカシオ製?(exifにはCASIOって出るんですね。)
2.Pモードだと1/4秒よりスローにはできず、ISO200までで撮りたいボクにはちょっと不満。
  TvモードだとISOオート800になってしまう?これじゃ使えない?
3.夜の街撮りには、この小ささ・お手軽さは良い。(30Dで撮ってると目立つんですよね〜。)
4.1000万画素の影響か、グリップの問題か、1/4秒でもテブレ確率が結構高い。
5.通常撮影では感じないが、暗所マクロAFはかなり遅く感じる。
6.JPEG圧縮率がすごく高い。上の4枚なんかは1000万画素ですべて2MB以下。

うーん、昼間屋外画像は「なかなか!」なんて思ったのですが、
基本用途である「街撮り」には「サイズ」以外はどうかな?って感じで、ビミョーだなあと感じたりしています。



※上に書いた「気付いた点」について、その後わかったことがいくつかありました。
1.画像エンジンはCASIO製
→ちなみにボクはCASIO嫌いではありませんし、PENTAXとCASIOの協業もわかってたんですが、exifに「CASIO」と出るのはビックリだなあという意味で書いただけでございます。
 ただ、ホワイトバランスなんかはZ1000の評判とはちょっと違うイメージなので、どこまでをシェアしてるのかはまったく不明です。

2.Pモードのシャッター限度が1/4秒
→このこと自体は何ら変わりないのですが、「夜景」モードでほぼ完全に解消されることがわかりました。
 ボクの先入観では、「夜景」モードだと通常のPモードよりも色々と機能が制限されるというイメージがあったのですが、A20の場合「夜景モード」と「Pモード」で使える機能にまったく差がないんですね。
 じゃあ、何のためのモード2種類なのか、って思ったんですが、どうやら違いは長秒時のNRが働くか、働かないかの基準が1/4秒のようです。
 逆に言うと、違いはそこだけなので、昼間のカンカン照りのときだろうが何だろうが「夜景モード」にしとけば大体OKみたいです。

4.テブレ確率が高い
→現時点でもP4の1/2秒でもかなり歩留まりしたのと比べるといくぶん効果は落ちますが、「慣れ」次第でずいぶん歩留まりも良くなってきました。
 1/2秒でも十分なレベルのも撮れるようになってきました。

以上自己追記でした。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。