2006年04月03日

デジカメについて所感

自分はデジカメを1つのメカとして楽しんでいる部分も大きいですが、やはり写真を撮るための道具であることはもちろんだと思っています。
価格コムのある方のブログ・写真集など拝見させていただくと、カメラの機種が同じでも写真はこんなに違うものかと感じざるを得ません。ちょっとした構図・色使いなど、勝手に自分のなかでは師匠とあおいでいるのですが、近づくことすらかないません。
カメラの性能は実際は大した違いではないと痛感します。
カメラに詳しい方はたくさんいらっしゃると思いますが、「撮られている写真」を見ると、やはりセンスの差を感じます。メカコレクターとしては解像度やら高感度やらは比べていて楽しいのですが、写真を撮るという意味では本質ではないような気がしています。
自分にセンスがないのは百も承知なので、マネさせてもらって出来る限り満足な写真を撮りたいなあと思うのでした。


posted by ken311 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。