2006年05月19日

写真集「生き物たち」

またまた懲りずに「生き物たち」を作成してみました。
本当は渓流魚をいっぱい載せたかったのですが、今ある画像は掲載画像以上にブレブレのひどいものばかりなので断念しました。
いずれは「渓流魚」だけのALBUMを作成したいものです。

リンクは以下です。
http://lumixclub.jp/photo/Lci?mode=guest&album=EHMMTUDRQV08jNQY7grD

またまたコメントなどいただけるとうれしいです。


posted by ken311 at 11:39| Comment(4) | TrackBack(0) | MyPhoto集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「渓流魚」だけのALBUM
水族館の撮影は場所によって難しいですよね。照明が暗かったり、アクリルに傷がついてたり、魚の状態もよくない場所が多くて・・・。
釣りの現場で撮影するのが一番だけど、釣具+カメラは重いですし・・・。
いずれにしても、渓流魚アルバム期待してますねー!!。
Posted by malma at 2006年05月24日 20:57
忍野水族館はこちらでは珍しい渓流魚メインの水族館でして今回3回目の訪問でしたが、やはりヒレピン状態の魚はまずいないです。
また、こちらでは他ではなかなかお目にかかれないので重宝はしているのですが、以前より魚種は少なくなっているようです。
malmaさんのページと比べられてしまうと、大変恐縮すぎて気恥ずかしいのですが、もう少し撮りたまったら、まとめてみたいと思っています。あまり期待しないでお待ちください・・・。
北海道の渓流魚水族館めぐりするのが当面の夢ですねえ。
Posted by ken311 at 2006年05月25日 00:06
僕も忍野水族館は行きましたが、水族館のつくりや水槽はよかったんだけど、魚の状態が悪かったの残念でした。
北海道の水族館(サケマス関係)では標津のサーモンパークがお勧めですよ。ここが明るめで魚の状態もまずまず。ただ、一部水槽は外光が入るので時間帯によってよく撮れるときと、反射してうまく撮れないときとがあります。千歳のサケのふるさと館は魚の状態はいいけど暗すぎるし、豊平川サケ科学館は明るいけど水槽が小さいのとバックがブルーなので標本的な写真を撮るならお勧め。
標津に行くならサケの遡上シーズンがいいですよー。水路の面した水槽があってサケの遡上が真横から見れます。
Posted by malma at 2006年05月26日 00:11
北海道水族館ガイドありがとうございます。
ボクはとてもモンゴルへは行けないので、せめて北海道に行ければなあ・・・と思ってもう何年もになります。。。
Posted by ken311 at 2006年05月26日 06:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。