2006年08月19日

北海道旅日記 2日目その2

下の「北海道旅日記 2日目その1」の続編です。

その2の旅程は、
「知床五湖→さくらの滝→ウトロに逆戻り→観光船→ウトロで夕焼け→屈斜路湖」
というハードスケジュールです。
「さくらの滝」は知床と屈斜路湖の真ん中くらいで、3日目にしようかとも思いましたが、「晴れている今日のうちに!」ということでトンボ返りで行きました。
その1から続く旅程で、屈斜路湖到着はさすがに夜9時すぎになっていました。
このうち、「さくらの滝」は別記事にてアップしますので、それ以外が以下の画像です。

ほとんどが、旧KissあるいはNEWKissによるものですが、一部P4のものも入っています。
画像はすべてリサイズしています。
以下3つの画像は抜粋です。
IMG_0473.JPG IMG_5412.JPG IMG_5451.JPG

  
上の3つを含めた他画像をご覧頂く場合は、
続きを読む・・・からです。


<昼のウトロ港>
IMG_0414.JPG IMG_0421.JPG IMG_0425.JPG DSCN1234.JPG

※4枚目はP4
さくらの滝から戻ってきた昼のウトロの写真です。
1〜3枚目は抜けるような青空でした。旧Kissで撮影してますが、まさにDIGICカラー躍如といったところです。
3枚目は「ゴジラ岩」ですが、このアングルだとゴジラには見えないですね。

<ウトロのカニ屋で昼食>
IMG_0426.JPG IMG_0427.JPG IMG_0431.JPG

今回の北海道旅行は「食事は2の次」との方針でしたが、2日目の昼だけはちょっと豪勢にしてみました。しかし、カニ屋の中はエアコンがなくメチャメチャ暑くてたまらなかったです。

<観光船から知床の各風景>
IMG_0435.JPG IMG_0446.JPG IMG_0473.JPG

IMG_0474.JPG IMG_0477.JPG IMG_0486.JPG

IMG_0434.JPG IMG_0460.JPG IMG_0483.JPG IMG_0492.JPG

波しぶきもかえりみず、果敢にも撮影しました。当日は結構風が吹いていて、カメラのみならず奥の船酔いも心配でしたが、結局両方気にもとめずに撮影してました。ボクは海の船釣り経験もあるので安心でしたが、奥も結局全然平気だったようです。カメラには結構しぶきがかかったのでまずかったかなあ・・。
ちなみに、3段目の2枚目が「象の岩」、3枚目は有名な「カムイワッカの滝」です。

<観光船 ヒグマ現る!!!>
DSCN1245.JPG IMG_5411.JPG IMG_5412.JPG

※1枚目はP4
観光船の最大のお目当ての「ヒグマ」にも遭遇することができました。
上の風景は旧Kiss+EF-S10-22で撮っていたのですが、あまりに慌てていて、KissDN+シグマ18-200の望遠端で撮ったところ、さくらの滝で「露出を+2補正」していたのを完全に忘れていて、液晶ではよくわからず、結局2/3枚目のように明らかに露出オーバーの失敗写真になってしまいました。
まあ、でも写っていただけでヨシと思うようにしています。

<ウトロ港の夕暮れ>
IMG_5441.JPG IMG_5451.JPG IMG_0528.JPG

観光船を降りてすぐ、ウトロの夕暮れを撮影しました。
1/2枚目の小さな人間は「ボク」です。

<屈斜路プリンス到着>
IMG_5479.JPG IMG_5491.JPG IMG_5495.JPG

夜9時すぎに本日のホテルである屈斜路プリンスホテルに到着しました。
朝から晩まで車の運転と撮影ばっかりしていて、さすがに疲れましたが、明日は確実に雨とのことなので、ゆっくり寝ていることにしました。

・・・3日目に続く・・・。


posted by ken311 at 17:19| Comment(2) | TrackBack(0) | デジカメ 日々の画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
観光船からのヒグマいいですね
私はシーンモード:打上げ花火で数枚夜景を撮ってました
撮ることに夢中で設定とか見落としてたりします。
晴れて良かったですね
Posted by まー at 2006年08月20日 15:26
ブログも拝見させていただきましたが、夜景はねねここさんがおっしゃる通り、低感度、長時間露出が基本ですね。
シャッター優先で、色々な時間で試してみると出てくる画像の明るさが全然違って面白いです。

花火は撮影どころか行くこともない(人ごみに参ってしまうので)ですが、一眼だと低感度・絞りF8.0くらいで数秒間(5秒くらい?)露光が標準的なようです。高感度にして短いシャッタースピードで撮ってしまうと、花火の「糸」があまり引かずに面白味はなくなってしまうと思います。

場面場面で色々設定を考え、結果として失敗から学んでいくのも楽しいです。
Posted by ken311 at 2006年08月20日 22:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。